EVENT & WORKSHOP

「RATIO &C COFFEE Workshop」 Vol.2 レポート

少し肌寒いですが、もうすぐ4月。春の陽気を感じますね。

ショップでは昨日、「RATIO &C COFFEE Workshop Vol.2」を開催いたしました!

 

まず、スペシャルティコーヒーとは?

第1部は[ONIBUS COFFEE]安武講師による「スペシャルティコーヒー講座」を。

2ws7

安武講師からコーヒーのいろはを、まるでコーヒーを味わうかのように、皆さん聞いていらっしゃいました。

(わたしもつい聞き入ってしまうほど、丁寧に教えてくださいましたよ)

DSC02174

Cupに注がれるまでのコーヒーの道のりを “From Seed to Cup”と言います。

「コーヒーの実ってなに色?」「種はなん粒入っているの?」「その種はどう精製をするの?」

2ws9

コーヒーの知識を得たあとは、精製方法の違う3種のコーヒーを試飲しました。

「なるほど。」と、みなさん。学んでから飲み比べをすると、味わい方がちがう。

みなさんのコーヒーに対するこだわりを感じさせる瞬間でした。

 

第2部は「ドリップワークショップ」 実技の時間です。

2ws2

最初は、安武講師のお手本です。

重さと秒数を計れるスケールを用意します。

 

コーヒーをドリップするとその時々で味が違うもの。

おいしいコーヒーが淹れられたとき再現をしやすいように、

スケールがあるといいそうです。

大切なのはドリップのペース配分。

WS2-3

講師が淹れたコーヒーをテイスティングして、

風味を評価するチェック項目からコーヒーを客観的に評価し、

チェックシートに記入をしていきます。

参加者数名に聞いただけでも感じた風味はさまざまです。

 

ただ、これは風味の正解を導き出すためのものではなく、

自分が「これ好きだな」って感じられるものを見つけるために行います。

 

その後は参加者の皆さんの実践。

WS2-2

普段から淹れている方はやはり慣れているようです。

WS2-4

初めてドリップを経験される方も。

講師が、マンツーマンでアドバイスをしていきます。

 

参加者が淹れたコーヒーを飲み比べしたり、

好きなコーヒーの話をしたり、ワークショップが終わる頃には、

皆さん短い時間でしたが、同じ時間を過ごした仲間のような笑顔が見られました!

 

皆さんからも、

「最初は緊張してましたが、皆さんと一緒にドリップできて楽しかったです」

「いろいろ道具を揃えて家でもやってみたい」などなどの

多くのコメントをいただきました。

 

次回開催のRATIO Workshopは、

RATIO Workshop&CYCLE 」Vol.2 です!(3/27 am 若干空席がございます。)

今後も[RATIO &C] では、コーヒーに関するワークショップや、
自転車のライドイベントなどを企画していきますので、皆さんお楽しみに!
参加者の皆様、ありがとうございました!