FEATURE

Report 「Workshop &CYCLE #6」 Part.01  〜2016年ラストライドは、富ヶ谷でレタリング〜

快晴と黄金の葉っぱ

暖かかったり、寒かったり。雨が降ったり、雪が降ったり。不安定な天候が続くなか、気持ち良い青空が広がった11月後半の土曜日。『Workshop & Cycle #6』が開催されました。これまではRATIO &Cが位置する神宮前3丁目から東に向かって北上し、浅草などの下町を目指すルートを通っていましたが、今回は逆サイド。中目黒~池尻大橋~富ヶ谷~代々木を通っていきます。渋谷、原宿に沿うようにあるこれらのエリアは、一挙に改装されたばかりの中目黒の高架下沿いをはじめ、たくさんの人が行き来する賑やかではあるものの、住宅地でもあるため和やかなムードも漂っています。その上、路地に小さなショップやコーヒー店などが点在しているので、自転車で移動しながら回るのに適した場所と言えます。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_002

毎回丁寧にブリーフィングを進めてくれる、ヒュブナー バイク メッセンジャーのサンテさん。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_003

恒例の記念撮影。スタッフを含めると16名の大所帯になりました。

 

今回の参加者は8名。普段自転車に乗らないけれども、SNSで情報が流れてきて楽しそうだったから参加してみたと言うビギナーから、常連の方、自転車好きで、かつワークショップにも興味をもったという方など、様々な人にご参加いただきました。

 

集合は9:00 冬ならではのツンとした寒さはあるものの、陽の光が気持ち良い爽やかな朝です。全員が集まったところで内容およびルートの説明、注意事項のアナウンス、自己紹介を行い、それが終わるとネオコットのフィッティング(普段乗り慣れている自転車でも参加可能です)。RATIO &Cエントランス前での恒例の記念撮影をしてから、ゆっくりとスタートします。

 

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_004

晴天の下で、黄金色の葉を纏った木々を横目に自転車を駆る心地よさは格別です。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_005

眩しい秋空の下、イチョウ並木を進みます。

 

まず向かったのは、こちらも恒例になっている聖徳記念絵画館。いつもは目の前の広場でサドルの調整や簡単な運転の練習を行うのですが、この日は紅葉が見頃になった明治神宮外苑のイチョウ並木を観に行きました。通りの両側に146本のイチョウの木が綺麗に植えられたおよそ300mの一本道は都内を代表する紅葉の名所として知られ、休日ということもあってか多くの人が訪れていました。

 

コーヒーブレイクとゲストのショップ見学

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_006

コーヒーブレイクからの2度目の記念撮影。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_007

この先のメインイベントに備えて美味しいコーヒーでブレイク。スタートして1時間も経ってないけど(笑)。

 

 

次は渋谷の裏側、乃木坂、代官山方面を通り中目黒へ。目的地はRATIO &Cに併設する「Ratio Coffee & Cycle」を運営する「ONIBUS COFFEE」の中目黒店。中目黒駅の裏手にあるのですが、時間帯問わず常にたくさんのクルマが行き交っている山手通りや駅がすぐそばにあるとは思えない、とても静かな場所。目黒銀座自動遊園というこじんまりとした公園が隣接していて、家族でもゆったりと過ごすことができる穴場スポットです。ライドの合間、休憩しに是非、訪れてみて下さい。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_008

池尻大橋のレインボー倉庫にあるALL YOURSのショップ。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_009

防水加工を施したスウェットパーカに水を溜めているところ。

 

 

実は今回、先導役を務めてくれているヒュブナー バイク メッセンジャーのサンテさん、JPさんの他に、「ALL YOURS」というファッションブランドを運営している自転車好きの木村さん、大林さんが前半だけゲストとして加わってくれていました。ALL YOURSはデイリーウェアに機能性を付加し、“日常からストレスを無くす”ことをモットーとするブランド。普通に見えるものでも、ストレッチ素材が使われていたり、完全に防水になっていたり。日々、自転車に乗る人ならではのアイデアが効いたプロダクトを開発しているのです。ONIBUS COFFEEで身体を温めた後は、池尻大橋にあるALL YOURSのショップにてそのプロダクトを見学。

 

RATIO &C_Workshop&Cycle_06_1126_01_010

今回も参加者の”アシ”として活躍した「BRIDGESTONE NEOCOT」

 

 

かなりスローなペースで休みの時間を挟みながら進んでいきます。思い切り自転車を走らせたい方には物足りないかもしれませんが、これが『Workshop & Cycle』のスタイル。自転車で一緒に移動することで仲が繋がり、はじめましての参加者がいつの間にか友達になっていることも良いところのひとつです。

 

次のレポートではメインイベントのワークショップにフォーカスします。