EVENT & WORKSHOP

Report「FEEL &RIDE IN TOKYO 『ケシキ』」Part.1

東京都内も赤や黄など華やかに色づきはじめた11月中旬の週末。

「自転車ならではの東京の楽しみ方」をコンセプトに、東京の名所や名建築を巡るライドイベント「FEEL &RIDE IN TOKYO」が開催された。ブリヂストンサイクルが展開する”BRIDGESTONE GREEN LABEL”の自転車に乗って、約20kmのサイクリングへ。

3回目となる今回のテーマは自転車で見つける「ケシキ」です。

自転車とともに過ごすカフェ「RATIO&C」(レシオ・アンドシー)を拠点に「FEEL &RIDE IN TOKYO」が開催。

2_DSC_1488

街中を颯爽と走り抜ける「BRIDGESTONE GREEN LABEL」。

 

3_DSC_1527

スタート前に「RATIO&C」でブリーフィングを実施。

ガイドからコース紹介と安全走行に関する説明があるので、スポーツバイク初心者でも安心。

 

4_DSC_1537

この日が初めてのスポーツバイクデビューになった女性参加者も。

自転車を始めたきっかけなどを話しているうちに打ち解けていく。

 

5_DSC_1547

定員以上の申し込みがあったものの、当日急遽キャンセルが出てしまい、今回はガイド含めて5名で出発!

 

6_DSC_1581

 

外苑前から神宮球場の横を通って、明治神宮外苑「聖徳記念絵画館」前へ。

この日は、クラシックカーのイベントが開催されていて、外苑周辺は大にぎわい。年代物のビンテージカーに思わず、写真を撮ります。

 

7_DSC_1616

 

絵画館前を後にして、黄金色に輝く銀杏並木を走り抜けて青山通りを皇居方面へ。

赤坂御用地、最高裁判所、警視庁など都内を代表する建造物が楽しませてくれます。

 

8_DSC_1700

 

時代は江戸から明治へ。

1860年、その歴史の変換期に起きた「桜田門外の変」は、この付近で発生した。日本の歴史を車輪で感じながら桜田門をくぐっていく。

 

9_DSC_1711

 

思わずペダルを漕ぐ足を止めて見入ってしまう東京丸の内のビル群。無機質な建造物と都内有数の緑のオアシスが調和して美しい。

 

DSC_1718

 

クルマ通りの多い道路は、無理をせず歩道を走行。

週末はサイクリングを楽しむ人だけでなく、ランナーや観光客も多いので迷惑をかけないように安全走行を心がける。

 

11_DSC_1748

 

皇居と東京駅を結ぶ行幸通り。

普段は何気なく通り過ぎてしまう景色も、自転車を並べて仲間と写れば、まるでポスターのようなカッコよさ。

 

12_DSC_1759

 

みんなで同じ空間を共有しながら走っているうちに、自然にコミニュケーションも生まれて笑顔がこぼれる。

 

13_DSC_1762

 

東京駅前の広場では、新郎新婦が記念撮影の真っ只中。

幸せをおすそ分けいただいて、なんだかこちらも微笑ましい気分になれました。

 

14_DSC_1766

 

1914年、建築家の辰野金吾によって設計された東京駅丸の内駅舎。

2014年に改修工事を終えて、100周年を迎えた。

東京オリンピックに向けて、ますますハブ駅としての機能が期待されている。

 

15_DSC_1791

 

東京駅からほど近い日本橋口で目に飛び込んでくるゴジラのポスター。

1954年の第1作から最新作の全29作品がポスターで振り返ることができる建設現場ギャラリーだ。

 

16_DSC_1803

 

この日のランチは、日本橋にある人気のうどん専門店「ほし野」。

讃岐うどんに魅了された店主が、伸びのあるコシを追求して作り上げた自家製麺を求めてお客で賑わう。

 

17_DSC_1817

 

18_DSC_1820

 

香川県が産地のイワシの煮干しで作った出汁を使ったうどんは絶品。

かけうどん、肉うどん、釜玉うどん、さらにはミニ牛めしもセットにできる。

この日のライドも気がつけば折り返し。

 

Part.1はここまで。

Part.2は日本橋方面へ。