自転車のある新しい生活【乗車前点検④ 車輪・タイヤ】

乗車前点検もいよいよ後半、4回目の今回は車輪のチェックです。

 

車輪の固定が不十分だと走行中に外れてしまい、事故やけがをおこす恐れがあり危険です。

乗車前に必ずチェックをしましょう!

 

【乗る前の重要チェックポイント④】

・前輪・後輪の固定は十分か

・タイヤの摩耗・空気圧は適正に入っているか

 

①固定のチェック

自転車を持ち上げて車輪を上から強くたたいてみます。

車輪がズレたりガタついたりしてないか確認。

ズレやガタがあると、走行中に外れて、事故・けがをおこすおそれがあります。

 

②振れ・ガタ・回転性のチェック

自転車を持ち上げて車輪を回してみます。

スムーズに回転し、車輪に大きな振れやガタなどの歪みがないか確認。

 

③クイックレリーズハブ仕様車の場合はクイックレバーのチェック

クイックレバーにある「CLOSE」の文字が見える方向で、

正しい向きにしっかり最後まで閉じられているかチェック。

実際に手で最後まで押し込んでみて確認します。

位置はフロントフォーク、バックフォークに横から見てほぼ平行にそわせてください。

 

クイックレバーの位置が途中だったり、「OPEN」の文字が見える方向になっていると固定が弱く、車輪がはずれるおそれがありとても危険です。

 

 

クイックレバーを押し込む固さもポイントです。

レバーの反対側にあるナットで固さを微調整。

その後クイックレバーを閉じ込みますが、固定したときに手のひらが多少痛くなって、レバーのあとがつく程度の固さまで調整します。

レバーは必ず最後まで閉じ込みましょう。

このクイックレバー、何かのはずみで外れてしまうこともあれば、イタズラで外されていることもあるのです。

正しい位置を覚えておいて、乗る前に必ずチェックしましょう!

 

④スポーク・ニップルのチェック

切れ、外れ、変形がないか確認。

スポークやニップルに切れ、外れ、変形がある場合はすぐに交換を。

車輪が変形し、ブレーキと接触して転倒するおそれがあります。

1本くらい切れても大丈夫だと思いがちですが、1本でも切れたまま走行を続けると、他のスポークに大きな負担が繰り返し加わり、スポーク切れがおきてしまうことがあります。

スポークが切れた場合は購入店、または修理対応店舗にご相談ください。

 

⑤タイヤのキズ・摩耗のチェック

タイヤの下地にある繊維が見えるほどの深いキズがないか、

タイヤ接地面にある溝の模様が十分残っているか確認。

スリックタイヤなど、溝の模様がないタイプは下地の繊維が見えてきたら交換時期です。

 

⑥タイヤの空気圧チェック

タイヤの側面には推奨の空気圧が表示されています。

推奨の空気圧まで、十分に空気が入っているか確認。

空気圧が低いとパンクしやすく、タイヤの摩耗も早くなります。定期的に空気を入れておきましょう。

空気圧ゲージ付きの空気入れがあると、空気圧を確認しながら作業ができますよ。

 

車輪のチェック完了!

残すチェック項目もあと少し。

次回は変速・チェーンの点検です!

 

その他の乗車前点検チェックポイントはこちら↓↓

自転車のある新しい生活【乗車前点検① フレーム・ペダルまわり】

自転車のある新しい生活【乗車前点検② ハンドル・サドル】

自転車のある新しい生活【乗車前点検③ ブレーキ】